利用する目的やメリットを理解することができる

スレッドリフトの特徴

カウンセリング

糸を使ってリフトアップ

年齢を重ねると老化によって肌にたるみは生じますが、今は美容整形外科での美容整形でたるみも解消できる時代です。銀座でショッピングを楽しんでいる大人女子も、密に美容外科でたるみを取る美容整形を受けているかもしれません。ただ、たるみを改善する美容整形は術後に腫れが強くでて、こっそり施術を受けるのは難しいのではと、考えている人も多いのではないでしょうか。確かに術後、腫れなどが強く出るという美容整形もありますが、最近はメスを使わないプチ整形でもたるみを解消できるようになっています。スレッドリフトもメスを使わないリフトアップ術の1つで、銀座エリアにある美容整形外科でも多く行われている施術法です。スレッドリフトは糸を顔に挿入してたるみを取るというもので、術後すぐにリフトアップ効果が出るのが魅力と言われています。挿入する糸の種類によってリストアップ効果が続く期間は異なりますが、2年から3年ほど若返り効果はキープされるようです。また、糸で物理的にたるんだ肌を引き上げるという他に、肌のハリ感を左右するコラーゲンの生成を増やすというのも、スレッドリフトで期待できる効果です。皮膚の下に糸を入れると人の身体は、自分を守ろうとして糸の周囲にコラーゲンを増殖させるという作用を起こします。さらにスレッドリストから3週間ほどすると、そのコラーゲンは糸を包み込むようにトンネルを作る「コラーゲントンネル」という現象が起こります。コラーゲントンネルが作られることで、より糸を強力に支えてリフトアップ効果を高めるため、スレッドリフトは若返り効果が高いプチ整形と言われているのです。

銀座の美容整形外科であれば、ほとんどのクリニックで「スレッドリフト」の施術を行っているほど、この美容整形はとてもメジャーです。スレッドリフトとは糸を使ったリフトアップ術で、顔にメスを入れずにたるみを解消できると、銀座でも人気の美容整形となっています。ただ、メスを使わないプチ整形といっても、皮膚に糸を入れ込むと聞くとどのような施術を行うのか、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。細かい施術内容は各美容整形外科で異なりますが、スレッドリフトの大まかな施術の流れをチェックしてみましょう。糸を挿入するのは注射器のようなカニューレという器具で、カニューレを挿入し引き出すと糸だけが皮膚の下に残るという仕組みになっています。使用する糸は術式によって異なり、時間の経過と共に自然と溶けるタイプと、溶けないタイプの2種類が使われています。皮膚から出ている余分な糸をカットするという作業を繰り返して、スレッドリフトの施術は終了です。カニューレを挿入する前には局所麻酔をするので痛みを感じるということは無く、施術時間もわずか30分から1時間程度と短時間で終わります。たるみの状態などによって挿入する糸の本数は変わってきますが、片側で3本ずつ・全体で6本ほど必要になるケースが多いようです。スレッドリフトで解消できるシワ・たるみの種類は多く、頬だけでなくおでこやフェイスライン、マリオネットラインも目立たなくすることが可能です。1回、施術を受けたら2度と受けられないという美容整形では無いので、たるみが気になり始めたら再手術も受けられます。